バスの定員の考え方

バスの座席と定員の関係

バスの定員と安全性における課題

バスの定員は、一般的に座席の数となると認識されていますが、何故か通勤や通学などに使用される車体には立って乗る為のつり革が用意されており、立ち座と呼ばれる立って乗る乗客も含むサービス定員が認可されています。その為、都市部では接触事故により乗客が将棋倒しの様に転倒し怪我をおってしまう事も数多くあり、夜行バスに比べ運行速度が低速とは言え事故の頻度が高い事から危険性が指摘されています。また、高齢者や障害者に対する配慮が足りないとして、政府や製造メーカーなどが連携し車両のバリアフリー化やユニバーサルデザインの導入を模索しています。

バスの座席数と定員について

バスにもいろいろありますが、定員と座席数は補助席の数によって少し異なってきます。たとえば13名程度の乗車人数となるミニバスでは補助席はまずありません。20名程度のマイクロも同様です。小型は25名程度ですが、中央に補助席があるものが増えてきます。しかし、その狭さゆえにあまり実用的な補助席ではありません。同程度の中型においては、車両の大きさがだいぶ大きくなるので、補助席のほうも実用性があがります。最も定員の多い大型では、座席数で45隻程度が確保されるとともに、補助席も合わせると53から55席が備わっています。

バスの定員についての情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © バスの座席と定員の関係 All rights reserved